ハローワークのメリットとデメリット

ハローワークは、労働省が運営している公的な機関なので信頼ができる、という事もあり、 仕事を探す際に利用している方も多いですよね。 しかし、どんな機関でもメリットとデメリットがあります。 それぞれ、メリットとデメリットを把握した上で利用する事が、仕事探しの成功へと繋がるのだと思いますね。 ハローワークのメリットは、何と言っても、労働省という公的な機関なので、もし何かトラブルがあった時には相談する事ができますし、安心して利用ができるという点ですね。 そして、ハローワークに登録していれば、自宅で求人情報を閲覧する事ができるのでとても便利です。 利用者だけではなく、求人を出す側も料金はかかりませんから、いろいろな企業が求人を出しています。 デメリットについては、夜勤専従など、特殊な勤務体系の求人情報が少ない事です。 常勤やパートなど、一般的な勤務体系の仕事は豊富に出ていますが、派遣、夜勤専従、健診パートなどの求人情報は期待できません。 このような働き方は、ダブルワークとしても人気がありますが、多くの求人を入手する為には、看護師求人情報サイトを利用する事をお勧めします。 さらに、ハローワークのスタッフは、職場情報を事前に調べてはくれませんから、実際に働いてみると、業務内容が違った、というケースも少なくありません。 医療事情に詳しいわけではありませんから、アドバイスを受ける事もできません。 そして、対応が悪く、親身に相談にのってくれない、という担当者もいるようです。 効率良く、希望に合った仕事を探す為には、一つだけのサービスを利用するのではなく、多くのサービスを利用して、職場の情報を比較検討した上で、職場選びをする事が大切です。